福島銀行

銀行のお仕事されているとお伺いし、質問いたします。(複数)宜しく...福島銀行

1年前に、会社の研修費3万円を

1年前に、会社の研修費3万円を大東銀行のATM(だと思う)から福島銀行に振込みました。
ですが1年経った今、振込みされていないからもう一回振り込んでほしいと連絡がきました。
確認で、福島銀行に行きましたが履歴がないと言われました。
そのときの振込み証明はありません。
ほかに振込みした証明をする方法はありませんでしょうか?銀行に直接聞いて履歴なかったって言われたらもうほかに手段はないでしょうか?

消費者庁に相談して下され

簿記の問題で、福島商店から商品代金として受け取っていた同店振出の約束手形¥13...

簿記の問題で、福島商店から商品代金として受け取っていた同店振出の約束手形¥1300000を取引銀行で割り引き、割引料を差し引かれた手取り金¥1274000は当座預金とした。
という問題がいまいち分かりません。
どなたかわかりやすく教えてくださいm(_ _)m

手形は、期日がきて現金化されるのですが、その期日前に銀行へ持っていくと、割引料(金利)を引かれて、現金にしてくれます。
これを「手形割引」と言います。
問題文を仕訳にすると<売上た時> 受取手形 / 売上<手形割引>※手形売却損=割引料当座預金 / 受取手形手形売却損/と、なります。

ありがとうございます!>>同店振出の約束手形¥1,300,000を取引銀行で割り引き、
これは、その手形を銀行で割引したということです、割引というのは「割引日から手形期日」まで、その手形を担保として¥1,300,000を借入したということです。
借入ですから割引に際し利息を支払することになります、この利息というのは割引の利息であり「支払利息」ではなく「割引料」ということになります。
仕訳は、
(借)当座預金:1,274,000/(貸)受取手形:1,300,000
(借)割引料-------:26,000
となります。
最近は「手形割引」を「手形売却」といいますから、
(借)当座預金:1,274,000/(貸)受取手形:1,300,000
(借)手形売却損--:26,000
と仕訳しても正解です。
この借入の返済は、手形期日に手形が決済されることにより返済となりますので、割引依頼人が窓口に資金を持参して返済する必要はありません。
但し、その手形が決済されずに「不渡」となったら、割引依頼人は窓口に資金を持参してその「不渡」手形を買い戻す義務があります。>

横浜銀行

横浜銀行千葉銀行東京都民銀行のイメージを教えて------------------------青森銀行秋田銀行岩手銀行北日本銀行七十七銀行荘内銀行きらやか銀行仙台銀行大東銀行東邦銀行東北銀行福島銀行北海道銀行北都銀行北洋銀行みちのく銀行山形銀行足利銀行神奈川銀行群馬銀行京葉銀行埼玉りそな銀行常陽銀行千葉銀行千葉興業銀行筑波銀行東和銀行東京都民銀行栃木銀行東日本銀行武蔵野銀行八千代銀行横浜銀行愛知銀行大垣共立銀行岐阜銀行静岡銀行静岡中央銀行清水銀行十六銀行スルガ銀行大光銀行第四銀行中京銀行富山銀行富山第一銀行長野銀行名古屋銀行八十二銀行福井銀行福邦銀行北越銀行北國銀行北陸銀行山梨中央銀行池田泉州銀行関西アーバン銀行紀陽銀行近畿大阪銀行京都銀行滋賀銀行第三銀行大正銀行但馬銀行南都銀行百五銀行三重銀行みなと銀行阿波銀行伊予銀行愛媛銀行香川銀行高知銀行西京銀行山陰合同銀行四国銀行島根銀行中国銀行徳島銀行鳥取銀行トマト銀行百十四銀行広島銀行もみじ銀行山口銀行大分銀行沖縄銀行沖縄海邦銀行鹿児島銀行北九州銀行熊本ファミリー銀行佐賀銀行佐賀共栄銀行十八銀行親和銀行筑邦銀行長崎銀行西日本シティ銀行肥後銀行福岡銀行福岡中央銀行豊和銀行南日本銀行宮崎銀行宮崎太陽銀行琉球銀行

横浜銀行は準都市銀行的性格、千葉銀行成長力大で、資産内容も優良に近い。
都民銀行は戦後派地銀、旧興銀色で都銀と信金の挟み撃ちで苦しい経営が続いている。

横浜銀行 千葉銀行 東京都民銀行 のイメージ
横浜銀行
スーパー地銀
千葉銀行
地銀2位、千葉銀行レインボー事件
東京都民銀行
戦後地銀
参考程度にして下さい>

急ぎご相談します

急ぎご相談します私の夫が、福島県の地銀、東邦銀行のI-PAT口座で競馬をしていますきょう、ATMで入金しようとしたら、カードが割れてしまいました明後日、投票をしたいのですが、このカードに入金するために、銀行振り込みはできますでしょうか?通帳がなく、いつもカードで入出金をしていましたキャッシュカードをみても、口座番号が普通預金の番号より長く、振り込みはもしかしたら出来ないんでしょうか?

普通に振込み出来るはずですが。

①福島原発の事故収束に、いったいいくらかかる?

①福島原発の事故収束に、いったいいくらかかる?本来負担すべき株主や銀行/生保などが負担せずに、それを全て国民が負担するのか?②原発の経済合理性は、全く無いのでは?本当は、原発のランニングコストだけでも石油や太陽光よりもはるかに高いのでは?原発を再稼働すれば、国民は大損するのでは?③電力会社の経営破綻や、関連大手企業の損益を優先して、命の危険と莫大な無駄を国民に押し付ける政府や多くの国会議員たちを、国民は許してはいけないのでは?・・・◆原発の発電コストを試算する政府のコスト検証委員会は、福島原発事故の収束費用が最大で「5.7兆円」として試算した。
伴英幸氏の「48兆円」は採用されなかった。
やはり政府のコスト検証は大嘘だった。
賠償費用5.4兆円除染費用2.5兆円中間貯蔵1.1兆円事故対策費2.0兆円今の時点で、上記だけでもすでに11兆円に達している。
事故原因究明も、事故収束の作業も、まだほとんど何も進展していない福島県だけでなく茨城県や千葉県で、子供の7割の尿からセシウムが検出され、健康診断の心電図の異常が多発している。
◆原発の本当の発電コストは「100円以上/kWh」なのでは?大嘘つきの政府のコスト検証委員会によれば「8.9円以上/kWh」原発だけには、”以上”がついている。
この試算に含まれない項目は・バックエンド(74兆円?MOX燃料ならその10倍?)・事故収束(48兆円?)・MOX燃料費(石油や太陽光よりもはるかに高い)・保険(数十兆円?)・不正な随意契約(数兆円/年)・核燃料サイクル/高速増殖炉・不正な寄付金、広告、選挙資金、、・揚水・バックアップとしての石油火力・・・『東電除染 国が全額肩代わり 国民負担、追加の恐れ』2013年12月21日 東京 「政府は二十日、除染費用三兆六千億円を全額、国の負担とするなど新たな東京電力への支援策を正式決定した。
除染費用の大部分に政府が保有する東電株の売却益を充て、東電の負担分を最終的にゼロとする仕組み。
だが、政府のもくろみ通りに東電株が値上がりしなければ、追加の国民負担につながる恐れがある。
東電への新たな支援策の柱は、賠償や除染の資金支援枠を現行の五兆円から九兆円に拡大した上で、除染費用に関しては全面的に国が負担する。
茂木敏充経済産業相は二十日の会見で「前(民主党)政権では、すべて東電に押しつける形で対策が後手に回っていた」と国が前面に出る理由を強調した。
除染費用のうち、放射性物質で汚染された土壌を保管する「中間貯蔵施設」の建設費用は一兆一千億円を見込む。
その費用は、電気料金の一部が原資となっているエネルギー対策特別会計から三十年かけて充てる。
残りの二兆五千億円は、除染作業そのものにかかる政府の見積もりだが、財源はあやふやだ。
政府は、原子力損害賠償支援機構が東電支援のために保有する東電株(一兆円分)の将来の売却益を充てる予定。
だが、政府の想定通りに二兆五千億円という巨額の利益を得られなければ、不足分は税金か電気料金で埋められることになり、追加の国民負担となる。
東電の株価上昇には、会社の収益改善が必要。
新たな国民負担を避けることを名目に、政府が柏崎刈羽原発の再稼働を加速させる恐れもある。
これまでの除染費用の負担をめぐっては、支払い義務があるにもかかわらず東電は財務状況の悪化を理由に拒否し続けてきた。
除染費用の全額国費負担は東電の「ごね得」の結果ともいえ、なし崩し的な救済には批判も出そうだ。
」・・・『安全対策や事故収束費用など、原発のコストはまだまだ上がる。
何のために発電しているのかわからない』 ?経済から原発を考える講演会 大島堅一氏 2013/11/09 「「このままでは、東電はまったく無傷のまま、国民が原発事故の収束費用を負担する可能性がある。
だから、東電を法的整理するべきだ」──。
大佛次郎論壇賞受賞作『原発のコスト』などの著作で知られる大島氏が、原発の背後に隠されてきた社会的費用と、事故によるモラルハザードとともに、国民にのしかかりつつあるコスト負担について講演した。
◆理解すべきポイントは「いくらか」と「誰が払うのか」◆原発の「安全」「環境にやさしい」は崩壊した◆原子力でエネルギー安全保障を担うことは不可能◆「原発は安い」のカラクリ◆原発事故収束に7兆4000億円。
まだまだ増える◆事故責任を明確にしなければ、国費を投入すべきではない◆脱原発がトータルでお得 「電力会社から見れば、原発廃止はおおごと。
資産価値がゼロになり、経営破綻につながるからだ。
つまり、原発再稼働を進めているのは、電気料金でも電力供給の問題でもない。
経営問題である」 「電力会社がつぶれると、電気が来なくなると思うかもしれないが、それも違う。
看板が変わるだけ。
責任者に責任を負わせて、破綻のプロセスを踏めば、国民にとっては、電力会社はつぶれても何の問題もない。
だから、皆さんが恐れる必要は何もない」と力説し、最終的に事故のリスクや使用済み核燃料のことを考えると「脱原発が得である」との見解を示した」※

最初に言って置きますと、福島第一原発事故の収束費用は数百兆円、アメリカ等の海外からの損害賠償を求められれば国内分を合わせて数百兆円、合計で確実に1000兆円を軽く超えると言う主張も在ります。
【 国際賠償が来る。
何百兆か分かりません。
それから産業も空洞化する。
そして除染にはですね、自由報道協会のメンバーでもある岩上安身さんの調べによると、800兆円くらいかかるだろうと。
】 (1) 福島第一原発事故の収束は幾ら掛かるか、そして海外からの海洋汚染等による損害賠償に幾ら掛かるか、完全に青天井なのであります。
一度の原発事故と初動の判断の誤りが、東電だけでは無く日本国自体を破綻させる事も充分にあると言う事なのであります。
是等の莫大な損失を全て電力料金や税金で国民が負担出来る筈は無く、株主や社債権者、債権者の【投資の自己責任】を100%取って貰い、東電を含めて原発を保有する既存電力会社の基本的に全てを破綻・清算処理して、でき得る限りの国民負担の軽減を計るのが、事故を起こした政治業者や官僚たちの仕事であり、原子力産業界にも莫大な責任を負わせる事が必要なのであります。
www.greenaction-japan.org/internal/101101_oshima.pdf#search=... (原子力発電は安いのウソ) まさに、原発の経済合理性は無く、無駄なコストを積み上げて【総括原価方式】を悪用して、電力需要者から電力料金を巻き上げておる反社会的集団と言わざるを得ないのであります。
原発のランニングコストの高い事とバックエンドコストが天文学的である事が事実なのであり、原発の再稼働は国民の更なる損害の極大化を意味する事であり、それを阻止する事が重要なのであります。
政財官学暴右メディア等から成る【原発マヒィア】の既得権益を守る事を優先して、国民の生命や負担を屁ともしておらない、政府や政治業者を国民は絶対に許す訳にはいかないのであります。
(2) 政府の試算など何らの価値も無く、事故原因究明や事故収束も全く成されておらず、東日本全域に置いて被爆健康被害が発生しており、被曝死者まで数えきれない程に出ており、数万人が既に命を落として福島第一原発事故と関係の無い死亡とされておるのであります。
茂木俊充の民主党政権への責任転嫁は見苦しいの極みであり、安倍晋三と甘利明が主犯と理解していないアホ丸出しの発言であります。
バックエンド(74兆円?MOX燃料ならその10倍?)、事故収束(48兆円?)、MOX燃料費(石油や太陽光よりもはるかに高い)、保険(数十兆円?)、不正な随意契約(数兆円/年)、核燃料サイクル/高速増殖炉、不正な寄付金、広告、選挙資金、揚水、バックアップとしての石油火力、政府の一般会計エネルギー対策費の 97% と特別会計(電源開発促進対策特別会計)の70%と言う血税等の隠蔽しており、まさに100円/kWhを遥かに超える無限大の発電コストを掛けておるのであります。
【 ごね得】を許しており、東電の株を買うバカは居ないのであり、その株価が上昇する事はあり得ず、全てゴミに成ると考えられ、国民へ負担を押し付けようとする事は明白なのであります。
(3) 大島賢一立命館大学教授は電力会社の決算報告書から原発コストを試算して、その経済不合理性を立証しており、東電を全くの無傷に残す事や原発の不必要性は明白であり、東電を完全破談させて廃業させるべきと断言するモノであります。
まさに【モラルハザード】が起きており、コスト負担の押し付け、安全・クリーン神話の崩壊、原発の不安定性とコスト安のウソ、脱原発こそお得で壮大な次世代産業の育成と雇用創出と言う夢の持てる事であり、【即時原発ゼロ】以外に進むべき方向性は無いのであります。
別に既存電力会社が全滅しようが、設備等は民間の【新電力会社】に看板が代わるだけであり、【クリーンな質の良い電力の安定供給】を実現出来るので、既存電力会社は沖縄電力や浜岡原発を放棄して応分の負担をする事で中部電力以外は消えた方が、国民の利益なのであります。
責任者には財産を全て差し押さえ、刑務所へ叩き込んで、使用済み核燃料等の放射性廃棄物は「乾式キャスク」へ移動して、【中間貯蔵施設】で厳重保管して、将来の【宇宙投機】を考えれば良い事であると思うのであります。
国民は既存電力会社の無い方が安心で、また大きな利益を齎す事は電力料金の大幅下落や雇用情勢の改善等も期待でき、良い事尽くめなのであります。

この人の投稿はすべて他人の言葉だ ダラダラ長いね>いくらかかるんでしょうね…
利権や裏金、補助金で得をしていた人達は現状をどう捉えてるんでしょうかね。
国民に負担を強いるのは無謀だと思います。
全てが利権や裏金、補助金で得をしていた人達のせいとは言いませんが9割以上はそうでしょう…
そういう人たちが負担すべきですね。
多額の裏金を貰って、事故があったら国民任せでは筋が通りません。
でもそれを許して(見て見ぬ振りして)きたのは国民です。
猪瀬さんのことで少しは政治家の汚さを国民も理解しちゃんと政治に関心を持ってくれたらいいのですが…。
裏金も補助金も恐らく他の発電からしたら額が違うでしょうから原発は実は悪魔的な厄介発電だったかもしれませんね。
それに胡座をかいて電力を使ってきたのは我々なのでその辺は今後原発以外の発電の開発含めもっと率先して行動していかないといけないと思います。
まぁ、鉄の球をガチャガチャするお店とか明る過ぎるデパートとか色んなところでかなりの節電は出来るはずなんですけどね。
と知識もないのに語ってしまいました。
とてもいい話題でしたので少しでも考えたいと思いますた。>①本気でやったら国家予算を越えるでしょう。
どこで妥協するかの問題です。
法律でそうなっているのだから仕方がないです。
②既に、福島を犠牲にした訳ですから大損ですね。
それなのに今だに管理が大甘ですから、危険きわまりないです。
③日本国内だけでなく、米を中心とする原子力推進勢力の利権が絡んでいるので、そう簡単には覆せないと思います。
日本だけの問題なら、もうとっくに倒れてますよ。>原発の危険性やコスト高はだれしもがわかってることです。与野党とわず議員のみなさん個人としては反対だと思いますが、利権が絡めば個人ではどうしようもないのでは。議員辞めてしまえば小泉さんのように好き勝手言えます。>

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、福島銀行と3つの銘柄を保有しているのですが

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、福島銀行と3つの銘柄を保有しているのですがイラン問題が本格化、欧州危機が再発となった場合この銘柄どうなりますか?個人的にはみずほとUFJは下がり内需株の福島銀行は上がると予想しているのですが・・・

欧州の金融危機が再燃すれば、銀行株は全般的に下押すでしょう。
みずほのような経営内容劣悪な銀行は危なくなるでしょう。
福島銀行のような、ごくごく小さなローカルな銀行でも、日本国債の保有が多ければ、その国際的な影響がないとは言い切れないでしょう。
三菱は一時的に下げても、長い目で見れば、安泰です。
内需という視点での国内銀行の最優良銀行は、静岡銀行です。

メガバンク株は、グローバルな外的要因に影響されます
被災地の地銀株は、原発処理の進捗や統合の情報に注意です
個別企業の内容については、根拠なく回答は控えます
ご参考になれば幸いです>

東京都内 銀行、学資ローン

東京都内 銀行、学資ローン数ある質問の中、被るとこがあるかもしれませんが、質問が2つほとあります。
① 銀行から700万円ほどの学資ローンを組む場合、どこがいいか。
② その銀行口座を、給与振込、生活費支払い口座としたいのですが、その場合、どこの銀行口座としたら便利か。
以上の2点の質問です。
1番は学資ローンを組むならどこがいいかです。
その絞られた銀行から紹介して頂きたいです。
支店、ATM の多さも比較すべき点ですが、その他にデビット機能付きのキャッシュカードが作れるかとか、入出金が分かりやすく参照できるアプリがあるかとか、ネットでの操作が主になると思うので、インターネットバンキング的なものが、あるかなど色々考慮して頂きたいです。
長くなりました。
是非とも回答よろしくお願い致します。

いくつかおもいついたのが、福島銀行のネット支店。
どこよりも低金利が魅力です。
通帳がないのですが、強みでもあり、弱みでもあります。
新潟の銀行、第四銀行と大光銀行。
うちの教育ローンは大光ですが、郵便局とセブンが時間内無料。
一方、第四はセブンとローソンが時間内無料です。
J-debitが無料で利用できます。
次は東京でもおなじみ、横浜銀行ですが、コンビニが何をやっても有料になってしまいます。
駅のATM、VIEW ALETTEは、時間内無料です。
お近くに山梨中銀や都民銀行、筑波、北陸、東日本銀行がある場合はそちらが無料で使えます。
アプリは一発で残高がわかります。
こちらもJ-debitが無料で使えます。
おそらく1番マッチするのが千葉銀行だと思いますが、私は口座を持っていませんが、JCBのデビットカードが使えたり、インターネットバンキングがあったり、横浜、都民、山梨中央銀行etcが無料で使えたりします。
ただ多摩地区だと開設は難しいですね。

教えて下さい。
福島県内で台湾ドル換金出来る箇所、又県内不可であれば近郊で可能...

教えて下さい。
福島県内で台湾ドル換金出来る箇所、又県内不可であれば近郊で可能な箇所ご教授お願いします。

全国どこにいても自宅や職場で両替ができる方法があります。
ネット宅配をやっている外貨両替ドルユーロさんです。
こちらを知ってからは私も銀行へいくのをやめてしまいました。
スマホかPCでいつでも注文ができて、忙しくても家に外貨を届けてくれます。
しかもレートがすごく良いんです。
台湾ドルも取り扱いがあるようなので、ご検討してみてはいかがでしょうか。
doru.jp/

イオンカードでキャッシングしたいのですが、イオンのATM以外でキャッシングできる...

イオンカードでキャッシングしたいのですが、イオンのATM以外でキャッシングできるATMはどこでしょうか?調べてみたら三菱東京UFJやゆうちょ銀行などでも借りられるとあったのですが、できますか?わかる方教えて下さい。

イオン銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行以下の地方銀行北海道北海道銀行 北洋銀行東北青森銀行 みちのく銀行 秋田銀行 北都銀行 荘内銀行 山形銀行 岩手銀行 東北銀行 七十七銀行 東邦銀行 きらやか銀行 北日本銀行 仙台銀行 福島銀行 大東銀行関東群馬銀行 足利銀行 常陽銀行 筑波銀行 武蔵野銀行 千葉銀行 千葉興業銀行 東京都民銀行 横浜銀行 東和銀行 栃木銀行 京葉銀行 東日本銀行 東京スター銀行 八千代銀行 神奈川銀行中部第四銀行 北越銀行 山梨中央銀行 八十二銀行 北陸銀行 富山銀行 北國銀行 大垣共立銀行 十六銀行 静岡銀行 スルガ銀行 清水銀行 三重銀行 百五銀行 大光銀行 長野銀行 福邦銀行 静岡中央銀行 愛知銀行 名古屋銀行 中京銀行 第三銀行近畿滋賀銀行 京都銀行 近畿大阪銀行 池田泉州銀行 南都銀行 紀陽銀行 但馬銀行 関西アーバン銀行 大正銀行 みなと銀行中国・四国鳥取銀行 山陰合同銀行 中国銀行 広島銀行 山口銀行 阿波銀行 百十四銀行 伊予銀行 四国銀行 島根銀行 トマト銀行 もみじ銀行 西京銀行 徳島銀行 香川銀行 愛媛銀行 高知銀行九州・沖縄福岡銀行 西日本シティ銀行 筑邦銀行 北九州銀行 佐賀銀行 親和銀行 肥後銀行 大分銀行 宮崎銀行 琉球銀行 福岡中央銀行 佐賀共栄銀行 長崎銀行 熊本銀行 豊和銀行 宮崎太陽銀行 南日本銀行 沖縄海邦銀行 沖縄銀行信用金庫、信用組合コンビニATM E.net、MINI STOP、Family Mart、LAWSON STATION、セブンイレブン(セブン銀行)でキャッシングが利用できます。

atm手数料無料はイオン銀行とゆうちょ銀行だけです。>

銀行のお仕事されているとお伺いし、質問いたします。
(複数)宜しく願いいたしま...

銀行のお仕事されているとお伺いし、質問いたします。
(複数)宜しく願いいたします。
1..足利銀行(一度潰れ再起した)と旧王子信用金庫(東京の信用金庫という意味の例)とではどちらが、ランクが上ですか? お客の数、預金高等の条件もあります。
足銀はたしか都市銀行でははかったかと。
2.銀行が運営しているお金は国が出していると聞きますが、日本銀行から借りているのですか?3.日本政策金融公庫と、地方銀行(保証協会 連帯保証付き 無担保)を引っ掛けてしまいました。
取り合えず破産しか方法がないのです が、ブラックの情報は一生消えなく、何処の銀行(金融機関)も相手にされなくなってしまうのでしょうか?特に公庫は政府系ですし、情報が全部の銀行に行き渡るのでしょうか?もちろん官報の問題もあります。
(一生消えないと言うところと、官報がポイントです)4.破産するのと、民事再生するのとでは、もう一度経営者として復活したい場合どちらがよいでしょうか?5.特殊な事情で破産費用まで使い切ってしまったのですが、銀行は、どう処理するのでしょうか? 返すに返せない、資産もない。
預金もな い。
民事再生も不可能。
また、私、借りた側はどうしたらよいのでしょうか? 調子がよい事言うようで申し訳ございませんが、本当にどうし たらよいでしょうか? 最後に余談ですが、農業関係の機器を販売していた為、放射能事故が直撃。
福島県人ではございませんが、関東、東北全域で農家の様子が可笑しくなり、売上げゼロに、決して銀行からお金をかりて踏み倒そうとした訳ではございません。
余談ですが、融資は、銀行側から持ちかけられました。
日本政策金融公庫もです。
世代交代しすぐ原発が爆発、 役員の父が急病死しわざと、お金を借りたのでは御座いません。
(悪意はありません)お金を返せない事自体は私が代表取締役ですし、悪いので、言い訳をするつもりは御座いません。
宜しくご回答お願いいたします。
潰れる前に、銀行に誤りにいきました。
融資の担当の方もうちを信じて頂いたのだと思い。
余談ですが、弊社は有限会社で、決算上は農業機器の製造販売ですが、知的財産権(メーカー)で商売してました。
(製造原価が安い)植物の栽培のアドバイザーの様なものです。
それでこのような結果になってしまいました。
どうかアドバイス宜しくお願い致します。
やはり、融資の担当の方は、成績がさがるのですね。
補足とくに営業費と、開発費(間接製造費)がかかる会社ですが、開発費はスポンサーにだして貰いましたので、償却住みです。
なぜ、何にも無い弊社を信用してくれたのでしょうか? メーカーで特許等もっていたからでしょうか?個人から法人に組織変更し、22~24年経営してました。

まずは、”元”銀行員でしたので、ご了解を。
1.については、足利銀行は過去にも都市銀行ではありません。
地方銀行です。
また、ランクについてですが、顧客数や資金量(融資量)、自己資本比率等様々な見方がありますので、一概には言えません。
格付け会社によっても違いますので、それぞれで判断するしかないような気がします。
信用金庫と銀行の比較についても同様です。
例えば、城南信金等は店舗数や資金量等は上位の地方銀行と比較しても遜色なかったと思います。
2.については、基本的にお客様から預かった預金、自己資金等で運営しています。
国が出している(?)という意味がちょっと分かりかねます。
バブル崩壊後に銀行自体の財務体質が弱まった時に国から注入した公的資金については、利用した殆どの銀行が返済を終わったかもしれません。
3.について、いわゆるブラック情報と言われるものが”消える”ことはありません。
情報は永遠に残ります。
個人の自己破産については、各信用会社(CICなど)が基本的に保有しており、その信用会社と提携している銀行であれば情報入手は可能かもしれません。
法人の倒産等の情報は、ほぼ全金融機関で入手が可能です。
手形不渡りなどの情報は手形交換所から発信されますし交換所は銀行協会が運営していますからね。
その後の金融機関の対応についてですが、どこの銀行も相手をしなくなる、ということはないと思います。
取引上様々な要件において非常に厳しくなり現実的には難しい面もありますが。
4.についてはご質問者様の今後の考え方です。
破産は会社清算(倒産)手続きであり会社は無くなります。
民事再生法は今の会社を裁判所監督の基で計画(返済計画含む)を作成、認められたらそれを実行して会社を再生させていくものです。
5.について、銀行としては、今の融資が保証協会付であれば保証協会からお金をもらうだけです、分かり易く言えば。
その後は保証協会とご質問者様や連帯保証人の間での話し合いとなりますが、裁判になるか、(連帯保証人がいればその資産状況なども含め)ギリギリまで保証協会が調査して回収できないと判断すれば保証協会が債権を償却することになるかもしれません。
最終的には国のお金ですが。
大変な現状と推察致します。
現在の事業を承継するお考えであれば民事再生法も視野に入れてもよろしいかもしれません。
いずれにしましても、費用や今後の方向性について裁判所や弁護士さんに確認してみるのもよろしいかと思います。
そのような相談は裁判所ではお金はかからないはずです。
回答になっていない部分もあろうかと思いますが、ご質問者様、必ず今を乗り越えられる時期が来ると信じております。
頑張って下さい。

-福島銀行

© 2020 即日融資とか全然興味ないんだけど