足利銀行

銀行 栃木県の足利銀行のATMって、一円単位で引き出せますか?足利銀行

028-621-1100という電話番号から不在着信がありました。

028-621-1100という電話番号から不在着信がありました。
どこの電話番号なんだろう?と思い、電話番号で検索してみたところ、足銀と日本道路交通センターの2つが引っ掛かりました。
どちらも宇都宮市からかかってきているのは同じなのですが、何故同じ電話番号になっているのかわかりません。
何故同じなのか、結局どちらの電話番号なのか、わかる方どうか回答よろしくお願いします。

足利銀行のカードローン勧誘のほうが可能性としては高いと思いますwww.jpnumber.com/numberinfo_028_621_1100.html1年以内の情報もありますしちなみに、「日本道路交通情報センター 宇都宮センター」で検索すると、www.pref.tochigi.lg.jp/keisatu/kisei/douro.htmlのように、現在は050のIP電話になっているようですし、下のほうに028-621-0110の番号の記載があるので、0110→1100と間違えて記載しているのではないかと推測します

ついでに、
www.jartic.or.jp/guide/aut09/autochi.html
は、おそらくaut09=2009年秋(autumn)の略です
2009年だと、10/3(土)~11/8(日)で曜日も合いますし
ということで、こっちは8年前の情報>www.jartic.or.jp/guide/aut09/autochi.html
これが間違いないと思いますが。>

マイナンバー制度は預金封鎖の布石ですか?

マイナンバー制度は預金封鎖の布石ですか?抜粋このマイナンバー制度で最も危険なのは、2015年の年金情報流出事件のように、番号と情報が流出することで国民のプライバシーが「外に」丸裸になることではありません、政府が管理する1人にたった一つで生涯変わらないマイナンバーに、以下のような膨大な情報が集積される可能性があることなのです。
そして過去には財務省で「国民総背番号制による預金封鎖」が検討されている事実があります。
昭和21年に行われた預金封鎖ではそれまで外国との交流もなく日本の金融機関に外国人の預金がありませんでしたのでマイナンバーがなくても預金封鎖ができましたが今度はそうは行きません。
1 人を特定する情報 氏名・住所・生年月日・家族関係・勤務先・友人関係・運転免許・災害の時の避難先・前科前歴2 財産を特定する情報 所得・資産・クレジット・各種保険・電気ガス水道・車検・全銀行口座と預金・株式・各種納税額・借金3 教育関係の情報 学校・学歴・成績・奨学金残額4 社会保障に関する情報 年金受け取り状況と保険料支払い状況・健康保険の使用状況と支払い状況・障害年金や雇用保険や生活保護や母子手当などの受給5 医療情報 過去現在の病気・障害・DNA情報・処方薬の履歴6 行動の情報(1) 買った本・読んだ本・アクセスしたサイト・検索した内容・ダウンロードしたソフトや情報7 行動の情報(2) 渡航歴・電車・車などでの移動情報、GPS・防犯カメラで現在地と過去の移動情報 今、そらでざっと私が思いつくものでもこれくらいあり、まだ漏れがあると思いますし、これから増えていく新たな種類の個人情報もあるでしょう。
このように、マイナンバー=国民総背番号制の真に恐ろしいところは、あらゆる情報が集積し、これらが本人だけでなく家族なども横につながって関連付けられ、それが政府に一手に集約されて知られ、管理されてしまう危険性があることなのです。

預金封鎖を狙っているのは紛れもない事実です。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315576150...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

日本も預金封鎖前夜かな?

日本も預金封鎖前夜かな? 日銀関係者や財務官僚は日本円を信用していません マイナンバー制度やマイナス金利政策など数々の悪政の逝きつく果ては預金封鎖になりますか?gold.mmc.co.jp/toshima_t/2016/07/2393.html「ドルや金を買いたいのだが。
」 筆者のところに相談にくる知り合いのなかで、外貨建て投資に強い興味を示す一団が、財務省・日銀のOBたちだ。
退官した同期や先輩たちゆえ、会話にも遠慮がない。
「自分は日本国の台所の実態をこの目で40年間見てきた。
」「量的緩和でマネーが大量に供給される現場で働いてきた。
」 「通貨の番人」役を長く勤めてきた人物たちが、退官した翌日から個人投資家となり、退職金の運用を考え始める。
そのときに、番人として守ってきたはずの円を持ちたがらない傾向がある。
そもそも、ドルや「代替通貨」の金を買うという投資行動は、円に対する不信任投票だ。
彼らのドル・金選好の根底には、膨張した公的債務・通貨供給量を「正常化」する出口の過程でインフレが不可避との認識がある。
円という通貨の価値が希薄化して、長期的には円安とみる相場観だ。
この点については「少子高齢化で移民も拒む国の通貨は長期的に下落するから円安。
」と見る著名投資家ジム・ロジャーズ氏の考えと共通点がある。
「膨張した国の借金は、国民がまともに働いて返済できる規模ではない。
量的緩和の出口戦略は未知の領域だ。
ここは、資産防衛するしかあるまい。
」よく聞く議論だが、国の財政・金融政策の中核にいた人たちから、本音ベースで粛々と語られると、背筋がひんやりするごとき、説得力を感じてしまう。

預金封鎖を狙っているのは紛れもない事実です。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315576150...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

つまり「通貨の番人役」だったからこそ、円安になるとは言い切れなくて、相談しにきてるってことだろ?
外貨や金を買う時ならなら円高の方がいい。将来、円安になるっていうのなら、迷う必要もなく「買い」一択のはずがだ?
そこで迷いが生じるってことは、そうゆうことだ。>

マイナンバー制度により日本も預金封鎖前夜かな?

マイナンバー制度により日本も預金封鎖前夜かな?平成9年に以前預金封鎖のシュミレーションを行いマイナンバーが不可欠と結論を出したという 日銀関係者や財務官僚は日本円を信用していません マイナンバー制度やマイナス金利政策など数々の悪政の逝きつく果ては預金封鎖になりますか? gold.mmc.co.jp/toshima_t/2016/07/2393.html「ドルや金を買いたいのだが。
」 筆者のところに相談にくる知り合いのなかで、外貨建て投資に強い興味を示す一団が、財務省・日銀のOBたちだ。
退官した同期や先輩たちゆえ、会話にも遠慮がない。
「自分は日本国の台所の実態をこの目で40年間見てきた。
」「量的緩和でマネーが大量に供給される現場で働いてきた。
」 「通貨の番人」役を長く勤めてきた人物たちが、退官した翌日から個人投資家となり、退職金の運用を考え始める。
そのときに、番人として守ってきたはずの円を持ちたがらない傾向がある。
そもそも、ドルや「代替通貨」の金を買うという投資行動は、円に対する不信任投票だ。
彼らのドル・金選好の根底には、膨張した公的債務・通貨供給量を「正常化」する出口の過程でインフレが不可避との認識がある。
円という通貨の価値が希薄化して、長期的には円安とみる相場観だ。
この点については「少子高齢化で移民も拒む国の通貨は長期的に下落するから円安。
」と見る著名投資家ジム・ロジャーズ氏の考えと共通点がある。
「膨張した国の借金は、国民がまともに働いて返済できる規模ではない。
量的緩和の出口戦略は未知の領域だ。
ここは、資産防衛するしかあるまい。
」よく聞く議論だが、国の財政・金融政策の中核にいた人たちから、本音ベースで粛々と語られると、背筋がひんやりするごとき、説得力を感じてしまう。

預金封鎖を狙っているのは紛れもない事実です。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315576150...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

2013年のキプロスの事例のように
預金封鎖は財政破綻やハイパーインフレにならないと起こるものではありません
政治家の意思があって起こすものです。>質問です。
なぜ預金封鎖されるのですか?
どのような時に預金封鎖をするのですか?
以前、破綻やハイパーインフレになると仰っていましたが、なぜ破綻やハイパーインフレが起きると思うのですか?>

マイナンバー制度は預金封鎖の布石だそうです

マイナンバー制度は預金封鎖の布石だそうです安倍政権は悪の消費税増税も撤回しようとしません。
資産を守ることを考えない国民は破滅が待っているのではありませんか?消費税増税され、年金カットされ安倍政権発足後実質賃金が下がり国民負担も増え医療負担を引き上げマイナス金利やマイナンバー制度で預金が信用できなくなる預金封鎖の可能性が出てくる そのくせ 消費税を社会保障費にまわすためだと平然と嘘を流すやつがいる もう日本は終わっていませんか? 金を使って景気回復に貢献しようなんて思う人が馬鹿を見る時代になっていませんか? こんなのがありますよ マイナンバーを信じる奴は財産を失ってくたばるだけです。
2001年10月31日朝日新聞宮沢喜一大蔵大臣のインタビュー”終戦の時に政府は軍が持っていた債務を棒引きした。
今回日本には千数百兆円の国民資産があるのだから新勘定、旧勘定を作って、なんらかの番号制を導入して国民資産を調べればできると思う”この軍が持っている債務を棒引きと言うのは、・国が軍需産業に借金をしていた ・軍需産業が銀行に借金をしていた ・銀行が国民に借金をしていた(預金) 上位の国から次々と玉突き状態で借金の棒引きが行われ、最後に残った国民の預金が切り捨てられたという話。
これを宮沢喜一が口に出すのは一部の金持ちの話じゃないし、普通の国民は何の対策もせずにのんびり預金に預けているじゃないか。
【なんらかの番号制】 マイナンバー

財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315576150...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

マイナンバー制度は預金封鎖の布石

マイナンバー制度は預金封鎖の布石マイナンバー制度推進願望は悪魔の味方貯めても増税相続税で増税 消費しても消費税で増税 マイナンバーの利権は一切認めない預金封鎖を隠して実現へそんな人間がいます。
まさしく悪魔平成9年から大蔵省で 国民総背番号制による預金封鎖の計画が 週刊東洋経済や日経新聞で記事になった事実がありますが、 これすら認めません マイナンバー制度を使って預金封鎖をしたい人たちが預金封鎖の大願成就までその真実を知らせまいと マイナンバーと預金封鎖が無関係だのデマを流しました国際社会で外資資産を除外するにはマイナンバーが必要である事実を無視した暴論を展開しました相続税や固定資産税などが合憲である事実をスルーして預金封鎖が財産権の侵害で憲法違反であるというデマを流しました マイナンバー制度が始まる前から様々な法律でとっくに銀行口座の匿名性などないのに今の銀行口座に匿名性があるから マイナンバー制度が脱税防止と関係があるようなデマを流しましたそれだけではないオーストラリア、ニュージーランド、スイス、スウェーデン、ポルトガル、カナダ、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、カナダ、など相続税がありません。
そして金融立国なり企業誘致などをしています。
マイナンバー制度に賛成する人間は固定資産税や相続税が合憲なのに 預金封鎖だけが財産権の侵害になるとデマを流しだまし討ちの預金封鎖を手助けするどころか相続税を増税して国民の資産を奪い、あるいは使わせて消費税増税でさらに奪うことを正当化する狂気の言動をしております。
こちらに こいつは馬鹿なのか?狂人なのか?と思われる回答をした奴がいるdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016179018...【これは相続税や贈与税を設けることで溜め込んでても税金として取られるだけなので早く消費した方が得だと思わせる狙いがあります】狂人ですね!!ただでさえ官僚は利権の上に国家財政を食いものにして 国民の財布を狙っているのにそれを全面的にアシストする狂気の国賊がマイナンバー制度を支援する人の正体です彼らにだまされない預金封鎖対策が必要ではありませんか?財務官僚も預金封鎖に向けて動いています。
gold.mmc.co.jp/toshima_t/2016/07/2393.html

預金封鎖を狙っているのは紛れもない事実です。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315576150...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

成田空港で足利銀行のカードでお金を引き出せますか?

成田空港で足利銀行のカードでお金を引き出せますか?

手数料が必要ですが、すべてのATMで引き出すことが可能です。
www.narita-airport.jp/jp/guide/service/list/svc_12.html

マイカーローンなのですが、

マイカーローンなのですが、本審査の保証会社に承認が取れた後審査に落ちる事はありますか?足利銀行です。
補足落ちる場合はどのような事が考えられますか?

基本的にはありません。
本審査時に信用情報に問題が無く、保証会社もokが出た場合に否決理由がありませんので落ちる事はないかと。
可能性があるとすれば書類に虚偽情報を書いていてそれがばれた場合くらい。

銀行

銀行栃木県の足利銀行のATMって、一円単位で引き出せますか?補足回答分かれましたがどちらなんだろう…

どう考えても1000円単位ですよね。

はい、引き出せます。小銭の入金もATMで出来ます。>

-足利銀行

© 2020 即日融資とか全然興味ないんだけど