足利銀行

この記述通り マイナンバー制度で預金封鎖は実施されますね? 今年度...足利銀行

預金封鎖をすると

預金封鎖をすると国債の返済分は預金封鎖分の預金から返済するとかしちゃうんでしょうか?法整備すれば可能ですか?

既に準備が進んでいます。
まず国家破産と預金封鎖は違うことを認識してください。
国家破産は国債の買い手がつかなくなり暴落するなど政府も大半の日本国民もなってほしくない不本意な現象ですが預金封鎖は法整備ができれば政府が意図を持ってすることができます。
問題はその意思があるかどうかですが 答えは「YES」です。
意思がある以上誰も否定できません。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理下になることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010351905...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

預金封鎖というのは、銀行などの預金を引き出せなくすること。
封鎖したからといって、お金はまだ各個人のもの。
それだけで国に没収されるわけではない。
ちなみに、戦後まもなく行なった預金封鎖の際には
財産税といって、各家庭の財産に対して最大90%という
ものすごい高額の税金をかけて国が持っていった。
だから、同じこと(預金封鎖~財産税)を法整備してやろうとすれば
原理的にはそうやって国債の返済金調達は可能。
よほど日本経済がおかしくなれば別だが、まあ、まずやれないだろう。>名目上は不可能ですね。
ただ、「預金封鎖と同時に紙幣を大量増刷し、政府が円売り外貨買い」を行えば円と国債の価値は暴落。
預金封鎖解除後、「外貨売り国債買い(消却)」を行えば事実上、貴殿が心配されている事は起こる。
「為替で売買額が同額で関係ない」と思うかもしれないですが「紙幣の大量増刷」(ハイパーインフレ)が効いて来ます。>

マイナンバー導入前に個人の預貯金額がわかるように改正するのは預金封鎖の為でし...

マイナンバー導入前に個人の預貯金額がわかるように改正するのは預金封鎖の為でしょうか

主な目的の一つです。
そもそも利子所得の課税が前線分離課税であり脱税の余地がないものですから。
また終戦後と違って外国人の法人の資産を巻き込むととんでもないことになるので今の日本で預金封鎖をするにはマイナンバーは不可欠です。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理下になることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010351905...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです

アホのひとつ覚えで、封鎖を言ってるのか。
マイナンバーがない終戦後すぐに、預金封鎖の上、新円切り替えで大金持ちは、大損したこともある。
このように口座封鎖は、政府にする気があれば、いつでも出来るのだ。
この預金封鎖+財産税徴収の結果、日本にはビルゲイツのような超お金持ちがいなくなったのだ。 それで世界一格差の小さな国になっている。>いや、預金封鎖は銀行窓口とATMを止めるだけで、今すぐにでもできるから違うと思います。>

日中戦争の戦費調達目的でマイナーバーで預金封鎖没収し1億総活躍する可能性はど...

日中戦争の戦費調達目的でマイナーバーで預金封鎖没収し1億総活躍する可能性はどれくらいあると思いますか

100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115190089...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです

マイナンバーで個人の預貯金額がわかるように改正するが預金封鎖を実施する為でし...

マイナンバーで個人の預貯金額がわかるように改正するが預金封鎖を実施する為でしょうか

目的の1つに入っているのはその通りです。
そもそも利子所得の課税が前線分離課税であり脱税の余地がないものですから。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理下になることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010351905...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです

何のために預金封鎖すると思っているんですか?
「預金封鎖」がよもや目的だと思っているんですか?
まさかねー。>

今の日本で「預金封鎖」はありえるのですか?

今の日本で「預金封鎖」はありえるのですか?

十分あり得ます。
1946年に預金封鎖が行われましたが、その時の法律は一度廃止されています。
廃止したままで万が一国債暴落、ハイパーインフレが発生したとしても法整備が整っていなければ預金封鎖はできません。
なす術もなく成り行きに任せるだけです。
しかし実際は1997年から検討が始まりその後預金封鎖をできるように違う形で法整備を整えています。
預金封鎖は市場の成り行きで発生した経済現象ではなく法整備と政治の意思によるものだと考えれば財務省を中心に意欲があると言えます(絶対にやるとまでは断言しませんが)。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理下になることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010351905...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

マイナンバー導入前に個人の預貯金額が把握出来るように改正するのは預金封鎖を視...

マイナンバー導入前に個人の預貯金額が把握出来るように改正するのは預金封鎖を視野に入れているからでしょうか

マイナンバーと預金封鎖が関係ないと主張する人は何を考えているのでしょうか?終戦後の日本は番号制は不要です。
外国人の資産を巻き込む心配がなかったからです。
2013年にキプロスが預金封鎖をやりましたがキプロスはロシアの資産家の資金逃避先となっていたため大問題となりました。
今日本でマイナンバーなく無差別預金封鎖をやり外国人とくにアメリカ国籍の資産を巻き込めばどうなるか?そんなこともわからないのでしょうか?回答としてはもちろんそうです100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理下になることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010351905...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

預金封鎖は、マイナンバー制度など無くても、銀行閉鎖を実施するだけで実行出来ます。マイナンバーの目的は、国民の所在確認、所得把握と脱税の監視です。近未来には国民全員に認証用のICチップの埋め込みが義務づけられる時代になりそうです。>

マイナンバー実施前に個人の預貯金額がわかるように改正するのは預金封鎖の為でし...

マイナンバー実施前に個人の預貯金額がわかるように改正するのは預金封鎖の為でしょうか

実施前ではなく施行後と訂正すれば。
その準備のためです。
そもそも利子所得の課税が前線分離課税であり脱税の余地がないものですから。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理下になることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010351905...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです

私は現在高校3年生で、商業高校の会計を専攻しておりますので、日商簿記2級を取得...

私は現在高校3年生で、商業高校の会計を専攻しておりますので、日商簿記2級を取得しており、この経験を生かして、足利銀行か東和銀行に就職を考えております。
東和銀行からは何度も学校のほうに、うちに来て欲しいと連絡をもらっておりますが、自分の第一希望は足利銀行です。
正直、お誘い頂いている事もあってどちらにしようかとても迷っています。
どなたか、足利銀行と東和銀行の評判や何か情報がありましたら教えて頂けませんか?

まあ営業はしないとおもいますが、東和の営業は結構な人数辞めてます。

預金封鎖 新円切り替え 財産税。
本当に数年後に迫っているのですか?

預金封鎖 新円切り替え 財産税。
本当に数年後に迫っているのですか?

預金封鎖はありえます。
まず国家破産と預金封鎖は違うことを認識してください。
国家破産は国債の買い手がつかなくなり暴落するなど政府も大半の日本国民もなってほしくない不本意な現象ですが預金封鎖は法整備ができれば政府が意図を持ってすることができます。
問題はその意思があるかどうかですが 答えは「YES」です。
意思がある以上誰も否定できません。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理下になることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010351905...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

この記述通り マイナンバー制度で預金封鎖は実施されますね?

この記述通り マイナンバー制度で預金封鎖は実施されますね?今年度の国税歳入は、24年ぶりの高水準で、56兆円になるそうです。
ですが、それでも、サラリーマンのレベルで例えると、年収560万円で、1億円以上の借金があり、毎年960万円ずつ使っているのと、同じです。
仮に、消費税率30%にしても、返済迄に100年間以上かかります。
過去、消費税率は、3%、5%、8%に段々上げて、今度は10%にする予定です。
過去、消費税率の引き上げの都度、一時的にしろ景気が低迷する流れが、ありました。
また、現在の消費税率8%で、全国のサラリーマンが源泉徴収されて納税している所得税の総額よりも、消費税収の方が、多額です。
以上の事柄を考えると、財産税の類、預金封鎖による定期性預金の桁を3桁位減らす金融資産の事実上の没収の両方を行う以外に、国家財政の健全化は、ありません。
先の世界大戦の終戦の翌年には、財産税の徴収と、事実上の預金封鎖を伴う2桁デノミによる新円切り替えの両方を、行いました。
この昭和21年の新円切り替え時よりも、現在の財政状況は、GDP比でも段違いに悪いです。
当然、消費税率は、20%以上になるでしょうが、それでも、預金封鎖と事実上の預金没収と、財産税の類の両方を実施する事になります。
マイナンバー制度か無くても、財産税の類と預金封鎖(預金没収)は実施できますが、決済を口座振替で行う事が当然の為、経済システムを温存しながら実施する必要がある為に、マイナンバー制度を活用するのです。
確実に、財産税の類と、預金封鎖(預金没収)は、実施されます。

100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115336168...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです

-足利銀行

© 2021 即日融資とか全然興味ないんだけど