足利銀行

バブル期の銀行の行動について 今度現代ファイナンスの試験があり、過...足利銀行

自民党政権はなぜ、朝鮮総連と朝銀に1兆円もの公的資金(税金)を投入して助けて...

自民党政権はなぜ、朝鮮総連と朝銀に1兆円もの公的資金(税金)を投入して助けてあげたのでしょうか??

20年も前のバブル崩壊時の金融機関の不良債権処理のハナシですなきづしん、拓銀、山一、日本長期銀行、足利銀行などと同様に、ぶっつぶして綺麗にするために法律に基づいて資金を投入したのであって、「助けた」のではありません全国にあったきた総連系の企業と取引関係にある「朝銀」(名前だけ銀がついているが、法的には信用組合)の不良融資を処理するには、法律上、いたんは資金を入れて「貸し出し資産」を買い取る必要があったのです。
その貸出先の多くが突き詰めれば朝鮮総連であり、その担保が、先頃競売になった「総連本部」でした。
総連は、その時点で実質破産状態でしたから本部を取り上げたのです、落札者が追い出すはずだったのですが・・・。
要するに、「朝銀」と取引関係にあった企業が事業展開にあたって新しい融資を受けられれるように、健全な金融機関に姿を変えさせるために、金融庁がやったことで、政権とは無関係です。
誰がオーナーであれ、日本国内の企業が立ち行かなくなれば雇用が失われ、失業者が増え、町が寂れ治安が悪化しますパチンコ・キャバレーだろうが、外食や不動産業だろうが、ちゃんと事業をしてくれれば税金も取れ、町も賑わいます

自民党が、当時の社会党とのネゴシエーションの材料として税金を投入した。最大野党でもあり、拉致認定も無かったからです。>

振り込み手数料についての質問です。

振り込み手数料についての質問です。
ネットで買い物をして口座振り込みで決済にしました。
私は足利銀行を利用していて、振り込み先はジャパンネット銀行なのですが振り込み手数料はコンビニで支払うか足利銀行で支払うのとではどちらが低いでしょうか?HPを見てもわかりずらかったので、教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

拝見しましたコンビニのレジ払いでしようか?でなくコンビニatm?基本的に一部コンビニatmですと一部銀行を覗いて振り込みは使えませんまた条件次第では時間外手数料も必要ご記載の足利銀行ですと金額によりますがネットバンキングでしたら216円からAtmからキャッシュカードですと324円からwww.ashikagabank.co.jp/tesuryo/#abk_g2三万以上の振り込みと窓口や現金では手数料上がります

コンビニはATM支払いでした!言葉が足りず、失礼しました。支払い金額は1900円なので三万円以下です。明日普通に銀行で振り込みをしようと思います。>

マイナンバー制度から預金封鎖に突っ走りますか?

マイナンバー制度から預金封鎖に突っ走りますか?

100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315160835...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

横浜銀行

横浜銀行千葉銀行東京都民銀行のイメージを教えて------------------------青森銀行秋田銀行岩手銀行北日本銀行七十七銀行荘内銀行きらやか銀行仙台銀行大東銀行東邦銀行東北銀行福島銀行北海道銀行北都銀行北洋銀行みちのく銀行山形銀行足利銀行神奈川銀行群馬銀行京葉銀行埼玉りそな銀行常陽銀行千葉銀行千葉興業銀行筑波銀行東和銀行東京都民銀行栃木銀行東日本銀行武蔵野銀行八千代銀行横浜銀行愛知銀行大垣共立銀行岐阜銀行静岡銀行静岡中央銀行清水銀行十六銀行スルガ銀行大光銀行第四銀行中京銀行富山銀行富山第一銀行長野銀行名古屋銀行八十二銀行福井銀行福邦銀行北越銀行北國銀行北陸銀行山梨中央銀行池田泉州銀行関西アーバン銀行紀陽銀行近畿大阪銀行京都銀行滋賀銀行第三銀行大正銀行但馬銀行南都銀行百五銀行三重銀行みなと銀行阿波銀行伊予銀行愛媛銀行香川銀行高知銀行西京銀行山陰合同銀行四国銀行島根銀行中国銀行徳島銀行鳥取銀行トマト銀行百十四銀行広島銀行もみじ銀行山口銀行大分銀行沖縄銀行沖縄海邦銀行鹿児島銀行北九州銀行熊本ファミリー銀行佐賀銀行佐賀共栄銀行十八銀行親和銀行筑邦銀行長崎銀行西日本シティ銀行肥後銀行福岡銀行福岡中央銀行豊和銀行南日本銀行宮崎銀行宮崎太陽銀行琉球銀行

横浜銀行は準都市銀行的性格、千葉銀行成長力大で、資産内容も優良に近い。
都民銀行は戦後派地銀、旧興銀色で都銀と信金の挟み撃ちで苦しい経営が続いている。

横浜銀行 千葉銀行 東京都民銀行 のイメージ
横浜銀行
スーパー地銀
千葉銀行
地銀2位、千葉銀行レインボー事件
東京都民銀行
戦後地銀
参考程度にして下さい>

足利銀行の金融機関コードは何番ですか?

足利銀行の金融機関コードは何番ですか?

0129番です。
このような質問は、直接足利銀行に問い合わせたほうが、早くて、正確ですよ。

マイナンバー制度が施行されたら天下り団体が激増しますか?

マイナンバー制度が施行されたら天下り団体が激増しますか?

それだけでなく既に存続している天下り団体などが増やした国の借金がマイナンバー制度で狙われるようになります。
マイナンバー制度で預金封鎖を狙っているのは紛れもない事実です。
100%預金封鎖が断行されるとまでは言いませんが、財務省は預金封鎖に高い意欲を示しており、着々と準備を進めてきたのは事実です。
誤解している人が多いのですが、日本の預金封鎖は金利急騰、国債暴落などで経済が大混乱になってから行われるものではないです(そのような誤解を招く本もあります)。
日本は米国債の債権国でもあるので、もしそうなれば米国債まで暴落して世界が滅茶苦茶になります。
そのような事態になるかあるいはその直前でIMFの管理かそれに近い干渉が行われることが予想されます。
天下り、特殊法人などで利権を貪っていた官僚組織は一掃されるのは言うまでもありません。
そのようなことにならないように、あるいはそうなる前に、IMFの介入以前に国内主導で預金封鎖をすれば保身ができるというのが官僚の考えです。
つまり、預金封鎖は国債暴落も始まらず国家財政に危機感を持つ人が少ない状況でも行われるということです。
1997年から戦後の預金封鎖と同じ事が行われるかどうか研究・検討が大蔵省で行われていたことは既に発覚しています。
しかし、この時点では当時のやり方を実行するのは少し考えても到底不可能ですよね。
① 法律がない金融緊急措置例、日本銀行券預入例はそれぞれ1963年、1954年に廃止されている。
さらに、財産税を課すような税法は創設できない。
日本の税制は、年末に自民党税制調査会で議論が始まり、年明けの通常国会で内閣から法案が提出され、3月までに可決で4月から施行この恒例スケジュールを破るのは難しいうえに、国会審議などすれば秘匿などできるわけもないので取り付け騒ぎになってしまう。
② 個人の金融資産を確定させることができない。
日本の銀行に預けている(個人法人問わず)外国人の資産を没収することは問題が多すぎて事実上不可能。
戦後間もないころはそれまで国交断絶なので問題はなかった。
③ 制度の不備たとえば預金を完全に封鎖して全く引き出せない状況を作ってしまうと、国民は生活費も使えなくなる。
また企業は決済もできなくなる。
ところがこれらが全部短期間でクリアされるように向かっているわけです。
それも1997年以降にですね。
①については 預金保険法、銀行法、金融機能強化法などの改正。
これによって、内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて預金を封鎖する措置などができるというもの。
2003年の足利銀行の破たん処理が好例です。
国会審議も承認もありませんし秘匿性は貫かれています。
(2003年11月29日に取締役会で自主経営断念。
国有化決定は同日夜。
即日です)②については察しがいい人は分かると思いますが個人金融資産の名寄せ。
つまりマイナンバー制です。
③は決済性預金や、ペイオフですよね。
これは偶然の積み重ねじゃないですよ。
②にあたる個人金融資産の確定については、あきらかに理不尽な税制改悪を持ち込まれ、それを正すと称して番号制の話が出ているわけです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115172928...ここで触れましたが、反対の声が上がっているにもかかわらず、株式、不動産、預金でそれぞれ差をつける不公平税制を持ち込んで そのあとで資産だけの共通番号制を求めてきた経緯があります。
不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する総合課税には一貫して反対して潰してきています。
所得と資産をごちゃごちゃにされると 財産召し上げの支障になるからでしょう。
なお、海外送金を閣議の決定で凍結してしまう外為法改正が2004年に行われていますが、「これは北朝鮮の拉致問題の対応が怪しからんから経済制裁を加える必要がある」と言う理由で党派を超えて行われたものです。
修正協議で野党の民主が、国会の事前承認と、北朝鮮への経済制裁目的など理由を明記することを求めたのに、財務省と自民とがいずれも反対して通してしまいます。
国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら 預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合のいいものはないです。
③についても、預金封鎖の検討文書と言うものが財務省であってその中に「新勘定」「旧勘定」と言う言葉で預金封鎖を実行する場合に旧勘定を切り捨て(つまり没収)とみなして 様々な資産を新旧区分けしているそうです。

9月から年末にかけて、為替、日経平均はどう動くと

9月から年末にかけて、為替、日経平均はどう動くと一般的に予想されているのでしょうか???

たぶん下がってあがります。
出来高の細りでまだ年金分の換金売りや株式投資増税で売りたい人や足利銀行を傘下に持つ会社の上場に伴ううりが消化できていないことそして5月23日から半年の株価が予想された何かマイクロソフトが新型ゲーム機を発売日にすることを避ける何かが起きてだめを押すかもしれないってこと。
それが何かがわかれば被害分だけダメ押ししてあがっていくと思われる。

上げて下げて上げるとされる
いよいよ秋相場だな
エコノミストの予測はこれほど外れるのだよ>上がります
企業の中間決算をよくみておかなければいけませんね
普通に考えたら上がります
ポッポ>

親にばれないようにお金を郵便局で下したいんですが

親にばれないようにお金を郵便局で下したいんですが通帳しか持っていないし暗証番号も知りません><これでも下ろせますか?通帳は足利銀行というところとゆうちょ銀行というところです補足休日でもお金は下せますか?

銀行口座から直接的にお金を下ろすには、下記のいずれかの方法になります。
・ATMにてキャッシュカードを用いて、暗証番号を入力することによって本人認証とし、口座残高から下ろすことができる・窓口にて通帳と登録印鑑と出金伝票を用いて、出金伝票に必要事項を記入し、登録印鑑を押すことによって本人認証とし、口座残高から下ろすことができるゆうちょ銀行の場合は、ゆうちょATMにて「通帳+暗証番号」で下ろせます。
足利銀行の場合は、そのやり方はできません。
つまり、『通帳のみ持っている』という状態では・・・下ろすことはできません。
仮に、もし登録印鑑を持っていたとしても、通帳で下ろせるのは窓口が開いている「平日のみ」で、土日祝は窓口は休みになるので下ろせません。

どこのゆうちょ銀行で下ろしたか、すぐに親にばれますよ。100%間違いなく。
そしたら何に使ったの、とさらに問題がややこしくなるでしょう。
本当にお金が必要なら親に理由を言ってもらうべきだし、そうでなければおじいちゃん・おばあちゃんにお小遣いちょうだい、という方が確実かつ安全かと。>無理ですね。
認印と通帳があって窓口で下ろすことになります。
なので休日は下ろすことができません。
親が通帳記帳したら、ばれますけど。。。>

バブル期の銀行の行動について

バブル期の銀行の行動について今度現代ファイナンスの試験があり、過去問を解いているのですが、この二つが教科書やネットで調べてもどうしてもわかりませんでした。
どなたか知恵をお貸しいただけないでしょうか?1970年代後半から1990年代初頭にかけて、地方銀行の、貸し出しに占める中小企業向け貸し出し、および貸し出しに占める不動産担保融資の割合はそれほど増えていない。
その理由を答えよ。
1980年代半ばから1990年代初頭にかけて、都市銀行を中心に中小企業および個人向け融資が増大した。
その理由を金融自由化と関連付けて説明しなさい。

質問が間違っているっていうか大雑把過ぎませんか?もし地銀の不動産担保融資がバブル期でも増えてなかったのなら、足利銀行はなぜ破綻したんですか?その他、相互銀行は80年代に普通銀行に転換して地方銀行になりましたけど、これを含めた場合には、第二地銀なんかボロボロになりましたから、不動産担保融資も増えてたと思いますけどね。
ただ、全国的に昔からの地銀銀行は手堅い商売に終始していて、積極的な融資拡大を怠けていたのは事実で、それが静岡銀行などは金融危機の時に皮肉にも評価されることになりました。

2)金融の自由化の結果、(特に従来都市銀行がメインの顧客としてきた)大企業、優良企業が直接金融に走ったためです
つまり彼らは社債やコマーシャルペーパーの発行で資金を(比較的)自由に集められる為、銀行は用済みとなったわけです
なら都市銀行は新たな市場を開拓せねばならない、となるわけです
またバブル期の低金利政策の結果、預金金利が貸出金利を上回る事態すら発生し、銀行にとり大企業向け融資は必ずしも魅力的なビジネスとならなかった点もあります
1)はちょっとわかりませんし、2)も自信はありませんが>

-足利銀行

© 2020 即日融資とか全然興味ないんだけど